10項目以上で宅配レンタル比較&おすすめランキング→Click!

CDの取り込みでおすすめの音質は?普段使いから玄人まで、設定手順も解説

CDの取り込みでおすすめの音質は?普段使いから玄人まで、設定手順も解説
  • CDを取り込みたいけど、どの音質で取り込めばいいかわからない・・・
  • レンタルCDだから、返却した後で後悔したくない・・・
  • MP3?AAC?ビットレート?結局どれを選べばいいの?

何も考えずにCDを取り込んでいると、音質に不満が出たり、容量がいっぱいで困るケースが非常に多いです。

私は宅配レンタルで年間100本以上の作品をレンタル、そのうち半分以上がCDです。

最初は私もCDを取り込むときの音質と容量のバランスに悩み、苦労しました。

そこでこの記事では、一般的な使い方から音質にこだわる方まで、おすすめできる音質設定を紹介します。

この記事を読めば、自分に合ったCD取り込みの音質がわかるので、今後悩むことはなくなるはずです。

目次

CDの取り込みでおすすめの音質をケース別に紹介

結論から書くと、CDを取り込むときにおすすめの音質設定は次のとおり。

  • 一般的な使い方 → MP3+320kbps
  • 音質重視 → WAVもしくはFLAC
  • 曲数重視(容量) → AAC+256kbps

大切なのはファイル形式とビットレートの2つ

CDの取り込みで考える必要があるのは次の2つ。

  1. ファイル形式
  2. ビットレート

ファイル形式

CDから取り込んだ音楽をパソコンやスマホに保存するときの方式やルールのこと。

ファイル形式によって再生できる機器、できない機器があります。

ファイル形式は拡張子でも判断できます。

たくれんボーイ

エクセルは「xlsx」、ワードなら「docx」ってやつ。

音楽ファイルの代表的なファイル形式は次のとおり。

ファイル形式拡張子特長
MP3.mp3データサイズは、原音の約10分の1
非可逆圧縮(元に戻せない)
AAC.aac
.mp4
など
MP3の後継にあたるファイル形式
データサイズは、原音の約10分の1
非可逆圧縮(元に戻せない)
WAV.wavCDとほぼ同じ音質
非圧縮ファイルのため、データサイズが大きい
楽曲情報(タグ)は付けられない
FLAC.flacデータサイズは原音の約半分
ハイレゾ(高解像度)音源の1つで高音質
可逆圧縮(元に戻せる)
ALAC.a4aデータサイズは原音の約半分
ハイレゾ(高解像度)音源の1つで高音質
可逆圧縮(元に戻せる)
参考:音楽ファイル形式の種類と特長は?一覧表で違いが早分かり

ビットレート

データの情報量を表す数値のこと。

一般的にビットレートが高くなると音質も良くなります

ちなみに、通常の音楽CDは「1,411kbps」。

WAV形式、AIFF形式で取り込むと同じ1,411kbpsになります。

次からはケース別におすすめの音質を紹介します。

普通の使い方なら「MP3で320kbps」で取り込めばOK

普段使いで自宅や車で音楽を聴くなら、「MP3で320kbps」で取り込むのがおすすめです。

ファイル形式は汎用性の高いMP3

MP3であれば、ほぼすべてのオーディオ機器で再生可能です。

ビットレートは最高の320kbpsにしておけば安心。

後から音質を下げることはできても、上げることはできません。

たくれんガール

前はそんなにビットレートの違い気にしてなかったよね?

たくれんボーイ

少し良いヘッドホンを買うと、違いが明確に分かるようになりました。

とりあえず320kbps(もしくは最低256kbps)で取り込んでおくのがおすすめです。

容量は気にしない、最高の音質を求めるなら「WAVかFLAC」

とにかく最高の音質を求めるなら「WAV」もしくは「FLAC」で取り込みましょう。

WAVは非圧縮、FLACは可逆圧縮(元に戻せる)のため、CDとほぼ同じ音質で音楽を聴くことができます。

ただし、WAVもFLACも容量はかなり大きくなります

実際に再生時間5分の曲を取り込んでみます。

CD音源の情報

Mr.Children

ニシエヒガシエ

再生時間 5:00

サイズ 50.6MB

iTunesではFLACを取り込めないので、同じ可逆圧縮方式のALACで検証しました。

画像クリックで拡大できます。

MP3 320kbps

11.5MB

WAV

50.6MB

ALAC

37.1MB
MP3WAVFLAC
1曲当たりの容量11.5MB50.6MB37.1MB
64GBに入る曲数5,6981,2951,766
128GBに入る曲数11,3972,5903,532
256GBに入る曲数22,7955,1807,065
512GBに入る曲数45,59010,36114,131
1TBに入る曲数91,18020,72228,263
WAVはMP3の4倍以上の容量

WAVはMP3で取り込んだときに比べて、4分の1の曲数しか保存できません。

パソコンやタブレット、スマホの容量が小さい人は注意が必要です。

また、WAVは曲のジャケット写真や歌詞などの楽曲情報を記憶しておくタグが使えない点にも注意が必要です。(FLACならOK)

WAV
  • 無圧縮で最高の音質
  • 容量は一番大きい
  • 楽曲情報が保存できない
FLAC
  • 可逆圧縮でMP3より高音質
  • 容量はWAV > FLAC > MP3
  • 楽曲情報も保存できる

少し高めのヘッドホンを使うなど、音質にこだわりのある方にはWAVやFLAC形式での取り込みがおすすめです。

無圧縮にはAIFFというファイル形式もあります。

無圧縮という点ではWAVと同じですが、楽曲情報(タグ)も保存できます。

しかし、欠点として再生できる機器がまだまだ少なめです。

同じく対応機種が少ないという理由で、可逆圧縮形式もALACよりもFLACをおすすめしています。

たくれんボーイ

自分の持っている機器が対応しているなら、タグが保存できる分AIFFでもOKかもね。

そこそこの音質で大量の音楽を持ち歩きたいなら「AACで128kbps」

反対に、音質はそこそこでいいから、とにかく大量の音楽を保存して持ち歩きたい人は「AACで128kbps」での取り込みがおすすめです。

AACは言ってみればMP3の後継規格で、圧縮率はMP3とほぼ同じ、(128kbpsの場合)音質はAACが上と言われています。

持っている機器がAAC対応なら、AACでの取り込みがおすすめです。

実際に先ほどと同じ50.6MBの曲をAACとMP3で取り込んでみました。

AAC 128kbps

4.6MB

MP3 128kbps

4.6MB
AACMP3
ファイル容量4.6MB4.6MB
圧縮率は同じ

正直、ビットレートは128kbps以上なら、そこまで大きく音質が下がることはありません。

ましてや、外で聴いたりする場合、どうせ雑音が入るので128kbpsで十分。

ビットレートは容量との兼ね合いで128kbpsか、少し余裕があるなら256kbpsを選んでおきましょう。

CDから音楽を取り込むときの音質設定手順

CDから音楽を取り込むときに、音質を変更する設定手順を解説します。

今回はWindowsでもMacでも使えるiTunesで取り込む手順を解説します。

STEP
iTunesで音質の設定画面を開く

iTunesの「編集」→「環境設定」をクリックします。

読み込み設定」をクリックします。

STEP
ファイル形式を選択する

読み込み方法」からファイル形式を選択します。

iTunes 読み込み方法

今回はMP3で取り込む手順を例に解説します。

STEP
ビットレートを設定する

設定」から「カスタム」をクリックします。

iTunes 音質設定 カスタム

ステレオビットレート」を設定します。

iTunes MP3エンコーダ カスタム
取り込みたいビットレートを設定すればOK

可変ビットレート(VBR)のエンコードを使用」にチェック、「音質」は「最高」にしておきましょう。

音質を保ったままファイルサイズを少し節約できます。

あとは「OK」をクリックして設定完了です。

パソコンを使わずにCDを取り込む方法

最後に、パソコンを使わずにCDを取り込む便利な方法を紹介します。

CDレコという商品を使えば、CDを直接スマホやSDカード、USBメモリに取り込みできます。

もちろん、取り込むときに音質も調整可能。

  • AAC 96kbps~320kbps(4段階)
  • FLAC

取り込み手順は超かんたんで、CDセット → スマホアプリで音質調整 → 取り込み開始でOK。

アルバム1枚(60分)も約4分で取り込み完了、さらに曲名やジャケット写真まで自動で設定されるので、余計な手間も時間もかかりません。

SDカードやUSBメモリに取り込みたい人はCDレコ6

スマホへの取り込みだけでOKならCDレコ5を購入しましょう。

【シーン別】宅配レンタルおすすめ一覧はこちら↓

定額レンタル

単品レンタル

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
上へ
目次
閉じる